東京都における医療全体の発展に寄与する活動を行う公益社団法人 東京都理学療法士協会のオフィシャルサイト

一般の方へInfo

エスカレーターマナーアップ推進委員会

イベント報告

 

すべての人が暮らしやすい未来をつくる

 

2018年6月23日(土)14:00~16:00 新宿

キャッチコピー表彰者(PDF)

 

2020年までにエスカレーターの片側空けが「ゼロ」を実現するために、ポスターやイベントで使用するキャッチコピーを募集させて頂きました。

当日は文化人類学者の斗鬼正一氏、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事の成田真由美氏にご講演頂き、キャッチコピーの表彰式を行いました。

たくさんのご協力とご応募、ご参加、誠にありがとうございました。

 

【問い合わせ先】

esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

 


エスカレーターマナーアップ推進委員会のキーホルダーが完成致しました。

ご希望の方は下記からご連絡を頂ければ送付致します。

 

esca.pttokyo@gmail.com 竹川病院 小林和樹宛て

 

エスカレーターを止まって乗るアクションを広めましょう。

【問い合わせ先】

esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

 

PT-OT-ST.NETにて当委員会の活動が紹介されました。

齋藤委員長からのメッセージ動画もございます。

 

6月23日のイベントについても紹介されています。

是非ご覧ください。

https://www.pt-ot-st.net/index.php/topics/detail/888

 

【問い合わせ先】

esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

イベント情報

イベント開催のお知らせ

すべての人が暮らしやすい未来をつくる

 

 

エスカレーターの学識者やパラアスリートも登壇予定です

安全利用のキャッチコピーも表彰式を開催します

ご参加お待ちしております

日時 2018年6月23日(土)14:00~16:00 新宿 参加費無料

 

http://pttokyo.net/escalator/

 

 

【問い合わせ先】

esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

 

Facebook開設

○本委員会のFacebookが開設されました。

2020年までに東京におけるエスカレーターの片側空けが「ゼロ」になることを最大の目標とし、理学療法士の視点で誰もが利用しやすいエスカレーターにするためのソーシャルアクションを発信していきます。

本委員会の活動紹介や報告、イベント関連等の事柄を投稿していきます。是非ご活用してください。

https://goo.gl/nnXZcQ

 

記事紹介

 

○当協会の活動がNHK NEWS WEBに掲載されています。ぜひご覧ください。

2020へ 切実な願い|NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0411.html

 

〇西日本鉄道のマナーアップキャンペーン(福岡)「きちんとつかもう!ボールと手すり」

エスカレーターの手すりに福岡ソフトバンクホークスの選手のサインボールを表示し、立ち止まって手すりに掴まるよう呼びかけています

http://www.nishitetsu.co.jp/release/2017/17_236.pdf

 

〇社会心理学的視点で素朴な疑問に向き合う(行動観察研究所)

エスカレーターで片側をあけて乗る行為は危険なのになぜ無くならないのか

https://ogis.kansatsu.jp/blog/detail/312

 

〇子供のプログラミングコンテストで「最終優勝」を受賞した作品

『良心に訴えろ! エスカレーター歩行防止システム』

http://www.mono-box-media.com/posts/3777245/

 

【問い合わせ先】esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

より安全なエスカレーターにする為のガイドラインがあるのをご存知ですか?

〇国土交通省 「エスカレーターの転落防止対策に関するガイドライン」

http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000668.html

ガイドラインのなかに当協会との練馬駅での活動が採用されています。

 

◎エスカレーターを安全に安心して利用して頂けるように普及活動が広がっています。

連携している日本エレベーター協会の論文が掲載されております。是非ご覧ください。

添付資料 「日本地下鉄協会 機関紙 2016年5月号 エスカレーター」(PDF)

 

◎踏み段のガイドを『ロの字型』にするなどは、視覚障がい者・高次脳機能障害者・高齢者などの視点で考えられています。

こういった指針は、当事者からの声が反映されています。

 

国土交通省 バリアフリー整備ガイドライン(旅客施設編・車両等編)

1.移動経路に関するガイドライン
http://www.mlit.go.jp/common/001016330.pdf (p70~72参照)

私たち理学療法士の視点も、誰もが生活しやすい・移動しやすい街づくりに貢献できます。

東京都理学療法士協会のソーシャルアクション『エスカレーター 止まって乗りたい人がいる』を広めましょう!

 

 

【問い合わせ先】esca.pttokyo@gmail.com

竹川病院 小林和樹

活動報告

2018年1月17日 第一回 練馬光が丘駅前モデル地区プロジェクト報告(PDF)

2018年1月17日 文京学院大学 新田ゼミ生がエスカレーター安全利用の効果検証

 

 

過去の記事紹介

当協会の活動が掲載されています。是非ご覧ください。

毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170614/k00/00m/040/125000c

乗り物ニュース https://trafficnews.jp/post/79124

 

エスカレーター 止まって乗りたい人がいる(ポスター)

A2サイズのポスターをご希望の方は、下記のメールアドレスまでお問い合わせくださいませ。