東京都における医療全体の発展に寄与する活動を行う公益社団法人 東京都理学療法士協会のオフィシャルサイト

会員の方へMenber

[2/24]学校保健部 研修会のお知らせ

PDFはこちら

スポーツ局 学校保健部では今年度、2回研修会を開催しました。学校という現場での中学生、障害を負った生徒に対する接し方や現代の生徒の社会的背景などを中学校で働く教員・臨床心理士・スクールソーシャルワーカーの諸先生方からお話しいただき、障害を負うことで孤独感を味わったり、精神的に不安定になったりすることを学習してきました。また、教員を養成する大学の先生からは教員は何を考えて学生・生徒に接し、育んでいかなければいけないかを教えていただきました。学校で働く理学療法士には、ただ単に動作指導、障害予防・理学療法の実施という観点だけではなく、精神的な成長も視野に入れながらの指導が必要になってきます。トップレベルの選手に対する姿勢ではなく、人間形成という広い視点を持ち、故障をせずに学校生活を送ることの大切さも指導することのできる人材を育成することを目標にこれからも取り組んでまいります。

今回、下記日程で第3回研修会を開催いたします。1題目に今年度から開始している学校運動器検診に関わる整形外科クリニックの先生にその結果から見えてきたことをお話しいただきます。2題目に特別支援教育に携わる作業療法士の先生に障害児教育への関わり方をお話しいただきます。いずれも今後学校教育現場に関わる上で必要な視点になると思います。 興味のある方はぜひご参加ください。

 

学校保健部 第3回 研修会

1.『法改正後における学校検診の実際~調布市の場合~』

くまざわ整形外科クリニック

院長 熊澤 祐輔 先生

 

2.『特別支援教育で期待されるリハビリテーション専門職の関わり~巡回相談、支援学校の関わりで見えたもの~』

専門学校社会医学技術学院

作業療法学科 兵頭 洋子 先生

 

3.『鹿本中学校での指導の実際』

帝京平成大学 現代ライフ学部

経営マネージメント学科 原田 長先生

 

日程:平成30年2月24日(土) 18:00~20:30

会場:武蔵野赤十字病院 リハビリテーション室 ( 東京都武蔵野市境南町1-26-1)

JR 中央線 武蔵境駅南口下車 徒歩10分

受講費:東京都理学療法士協会員 1500円、 他県士会員 2000円

非会員 3000円 、学生 500円
  定員:50名 (先着順)

申込方法:メールにて題名を『平成29年度第3回セミナー』と記載の上

①氏名  ②施設名  ③職種  ④経験年数

⑤会員番号(理学療法士の場合)

⑥所属士会 ⑦新人教育プログラム終了の有無

を明記して、tokyo-pt-spgakko●pttokyo.netまでご発信下さい。

●を@に変換してご発信下さい。

※参加いただけない場合のみご連絡いたします

※PCからのメールを受信できるように設定してください。

※参加登録は1名ずつお願いします。

※当日、日本理学療法士協会会員証をご持参ください。

 

備考 履修ポイントなし

 

東京都理学療法士協会 スポーツ局 学校保健部

部長  伊東 彰

(武蔵野赤十字病院)